怪盗列車(旧・本館)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 検索ワード | main | 感情の浮き沈み >>

AKB48 YJ7 vs YM7

このブログのエントリでいちばんアクセス数の多い「team PB vs team YJ」(AKB48神保町決戦)の企画が集英社の週刊プレイボーイ・週刊ヤングジャンプであったのは記憶に新しいと思います。なんと今年は、出版社の枠を超えてしまい、ライバル誌同士の対決という恐ろしいところまで発展してしまいました。というか、あの仕事量でライターさん方が潰れそうになったはずなのに、正直懲りてないなぁ・・・というのが率直な感想ですが(^^;

ともあれ、題して「AKB48神保町・護国寺大戦!」。なんと、集英社「週刊ヤングジャンプ」vs講談社「週刊ヤングマガジン」それぞれでAKB48メンバー7名を推し、グラビア等を通して戦わせるという企画です。過去をさかのぼれば何かしら出てくるかもしれませんが、もともと集英社の企画だったものに講談社が乗っかるというのは異例と言えます。どこまでフォローできるかわかりませんが、私が見ることができる範囲で書き綴りたいと思います。

(2011.-3.10作成)


(外部リンク)公式サイト:
AKB48 YJ7 vs YM7 神保町・護国寺大戦
--------

2011.-4.-3:おことわり

先の「チームPB vs チームYJ」のエントリでは、追記分を下に追加していましたが、本エントリは上から追加していきます。ご了承ください。

--------

2011.-5.11追記:「mixiコミュニティー参加数を分析」

先に「選抜総選挙(2011年)の予想・動向」のエントリに上げた、mixiのコミュニティ参加数(2011.-5.-8現在)より、当該チームのメンバーのみを取り出してみました。なお、チーム別に参加者の多い純に並べてあり、合計は延べ人数となります。

(YJ7)合計:53,994名
K,峯岸みなみ,14423
B,北原里英,11895
B,佐藤亜美菜,9943
K,横山由依,7103
A研,市川美織,4646
A,多田愛佳,4267
A研,山内鈴蘭,1717

(YM7)合計:60,763名
A,指原莉乃,18588
B,河西智美,15343
A,高城亜樹,13770
B,小森美果,4576
B,佐藤すみれ,4243
B,宮崎美穂,3239
A研,竹内美宥,1004

YJ7とYM7の間には、約7,000名弱の開きがあります。mixiのコミュニティに参加される方々は、おそらくですが「推しメン」の他に「気になる子」というものが含まれると思いますので、これは一種の「認知度」として見る事が出来ると思います。先の分析の通り、指原さん、河西さんがぶっちぎりですので、このデータからもYM7の優位が伺えます。

--------

2011.-5.11追記:「ファーストインプレッション対決の結果を分析」

第一対決として行われていた「ファーストインプレッション対決」の結果が発表されていました。実は既に、大型連休前に発表になっていたようなのですが、先の震災によるガソリンスタンド騒ぎの後始末などで更新が遅くなっております。申し訳ありません。

YM7:120,071票
YJ7:109,667票

この結果ですが、おおむね予想はしておりました。選抜総選挙でメディア選抜にいる河西智美さんをはじめ、バラエティ番組で急上昇を遂げた指原莉乃さんなどを擁するYM7が俄然有利と予測しておりましたが、その通りの結果となりました。YJ7は、これから育てておもしろいメンバーを集めているため、このような対決には不利と言えます。今後の巻き返しに期待したいと思います。

なお、次回対決は「カラオケ」とのことです。どうなるか期待しましょう。

--------

2011.-5.11追記:「各メンバーのプロフィール的なもの」
2011.-5.30訂補:市川美織さんの昇格、その他若干追記

(YJ7)
・多田愛佳さん(team A)
AKB48の3期生でteam B立ち上げに関わる。また、「渡り廊下走り隊」のサブを務める。メディアなどの表向きにはツンデレキャラで通しているが、裏では情に厚く、メンバー思いである(テレビ番組で暴露され、恥ずかしがるシーンもあった)。女優・声優志望だが、これはTVアニメや声優さんの影響が強いためと思われる。

・峯岸みなみさん(team K)
AKB48の初期メンバーで、「みいちゃん」という公式ニックネームがあるものの、大多数のファンから「みねぎし」と呼ばれているようだ。歌やダンスパフォーマンスも良いが、それ以上にバラエティー志向になってきているように見える。普段から研究などに余念がなく、努力家・・・と思いきや、クイズ番組で「柏手」が答えられないのに「根回し」は答えられるなど、学力は微妙かつ偏り気味。また自分に対しては、かなりネガティブな性格だが、メンバーなど表向きには情が厚いため、先のteam YJではリーダー格としてチームをまとめていた。

・横山由依さん(team K)
AKB48の9期生で、同期の中で最速の昇格となるなど、新参メンバーの急先鋒とも言える。公演などでは「はんなり」(京都弁)で喋るが、歌声は48ファミリーの中でも上位であり、本人の歌手志望も相まってスピンオフ・ユニット「Not Yet」に抜擢され、センターのサブで歌う場面もあるなど、急坂を駆け上がる勢いで躍進中。なお、team Aの篠田麻里子さんに新公演(48ファミリー史上最難関と言われる)の振り付けなどを伝える大役を買って出たほか、リハーサルの30分以上前に現場入りするなど、総キャプテンや初期メンバーからも認められるほどの物凄い努力家。また、大島優子さんを上回るほどのポジティブな性格の持ち主である。もちろん、今後の活躍にも大いに期待が集まる。

・北原里英さん(team B)
AKB48の5期生(同期は敵対チーム:YM7の指原莉乃さんほか)。話し声のトーンは低めだが、顔が丸いためか、笑ったときの顔が可愛く好印象。文学や妄想が好きなほか、腹話術などの特技を持つ。また、自分のポジションをよく理解しており、NTV系「踊る!さんま御殿」にゲストで出演した際に、「よく次世代エースとか言われますけどハシクレですからね」というコメントを言い放って明石家さんまさんをノックアウトし、踊る!ヒット賞を受賞した経緯を持つ。やはりネガティブな性格を持ち合わせる。

・佐藤亜美菜さん(team B)
AKB48の4期生。ロリータ系の風貌だが、ぶれない芯がしっかり入っている。team A時代には足の骨折を隠してまで公演やコンサートに出演するなど、相当な無茶をしていた時代もあったが、経験故か視野が広く、メンバーからの相談にも的確にアドバイスを返していた。また、男装する女性が好きなようで、AKBINGO!の企画「DANSO甲子園」にレギュラーで呼ばれる。なおYJ誌上で、グラビア撮影のためにダイエットを宣言、企画としてカリスマトレーナーをつけ、誌上でも取り上げていくとのこと。おまけ情報、総キャプテン・高橋みなみさんを「男」として見ているらしい。

・市川美織さん(team 研究生/2011.-5.29正規メンバーに昇格・昇格先未定)
AKB48の10期生。「フレッシュレモンになりたいの〜!」という衝撃的なキャッチフレーズで、メンバーやファンを震撼の極地へ陥れるほどの破壊力。しかも、秋元康総合プロデューサーからも「レモンちゃん」と呼ばれるほどである。また、身長は150cmを切るのに8頭身を維持するなど、他のメンバーに比べて非常に小さい上に細く、華奢に見える。冠番組にも登場するようになる(先の「AKBINGO!」では、メンバー同士でセクシーポーズ対決をしている最中に、その前に割り込んでフレッシュレモンポーズを決め、バッドボーイズ佐田に張り倒されるシーンもあった)など、今後の活躍にも期待が持てる。

・山内鈴蘭さん(team 研究生/正規メンバーに昇格・昇格先未定)
AKB48の9期生。正直、完全にノーマークだったが、調べてみるとお嬢様かつ運動神経抜群とのことで、アマチュアゴルファーとしてプロアマ戦に参戦し、プロ転向を勧められたとか。あの、マカオタワーからのバンジージャンプ(←世界最高である)も決めるなど肝っ玉も据わっており、作り物の自分自身から脱皮したのも好印象。お嬢様であっても努力は怠らないとのことで、正規メンバーとなったのも納得がいく。メディアなどへの露出はこれからだが、今後大活躍するのは間違いないと見る。


(YM7)
・指原莉乃さん(team A)
AKB48の5期生。メディア露出が多いためご存じの方も多いかと思うが、彼女はアイドルというよりは普通の女の子に努力家という文字を足したものと言える。番組の企画などで、自分ができないと思われるものを与えられても、それをどうにかして達成しようと必死にもがく姿で見る人を楽しませることができるという、希有な才能を持つ。また、自他共に認めるアイドルオタクであり、今後成長した時にアイドルのレポートなどをさせてみると、違った意味でテンパっておもしろいかもしれない。

・高城亜樹さん(team A)
AKB48の6期生で、過去最速となる71日でteam Aに昇格した逸材。テニス部に所属していたためか負けず嫌いの性格である。ただし、お勉強は苦手で、週刊AKB期末テストでは最下位となってしまう。なお、スピンオフ・ユニット「フレンチ・キス」でも活躍し、ふんわりした印象とキレのあるダンスパフォーマンスで人々を魅了している。

・河西智美さん(team B)
AKB48の2期生で、team K立ち上げに携わる。どう見てもアイドルであり、女優であり、声優である。台本や指示されたことを自分なりに作り上げるのが得意なようで、先の「週刊AKB」では即興でドラマを披露した。また先の「team YJ」ではボスとして君臨し、チームの躍進に尽力した。しかし、他人の評価を気にしすぎるあまり、自分を出すことが出来ずに沈む傾向があり心配である。

・小森美果さん(team B)
AKB48の7期生。テレビ番組などのメディアでは天然キャラとして定着しているが、シングル「涙サプライズ!」の選抜メンバーに、なんと研究生として参加していた逸材。しかし、ぽつりぽつりと出る口の悪さや、番組内でカンニングをするところをVTRに撮られてしまうなど、悪い印象を与えてしまう場面もあるなど、微妙な立ち位置にある。

・佐藤すみれさん(team B)
AKB48の7期生。彼女は子役の時代から活躍しているとのことで、AKB48加入前はモーニング娘。のオーディションも受けていたとのことである(最終審査で落選。そのオーディションには柏木由紀さんや田名部生来さんもいたとのこと)。見た目は可愛らしいが、とてもストイックな性格のようで、不得意なダンスを自宅などで自主練習したり、体調不良で休演し悔し涙を流した後は体力作りに励むなど努力を惜しまない。なお、寝顔を宮澤佐江さんに撮られ、「週刊AKB」で放映されてしまったのは記憶に新しい。

・宮崎美穂さん(team B)
AKB48の5期生。テレビ番組などでは反抗期キャラとして定着しているが、実際は驚くほどの小心者で、楽屋では暴言を謝りに行くなどのエピソードもある。また、場を盛り上げるムードメーカーとしての顔もあるが、少人数では周りのメンバーに合わせようとするなど、表舞台の印象とは大きく異なる堅実な性格と言える。なお、今年開催された「リクエストアワーセットリストベスト100 2011」の初日を体調不良で休演するものの、翌日に復帰し、他を圧倒するパフォーマンスでMVPを獲得した。

・竹内美宥さん(team 研究生/正規メンバーに昇格・昇格先未定)
AKB48の9期生。完全にノーマークだったが、調べてみると、AKB48加入前にもアイドルユニットとしての活動経験がある(オーディションを受ける時点で活動は休止されていたようだ)。クラシックバレエの経験があるなど、AKB48や舞台での活躍が有効と思われる。なお、昇格先未定なるも正規メンバーに昇格しており、今後冠番組などに多く登場できれば、人気もさらに上がってくるものと思われる。

--------

2011.-3.11追記:「各チームの分析(ファースト・インプレッション)」

・YJ7
今回のYJチームは変化球ながら強力なメンバーを揃えてきた印象があります。特に現在、人気急上昇中の横山由依さんや、フレッシュレモンちゃん(=市川実織さん)の威力が大きく、このメンバーを峯岸みなみさんや佐藤亜美菜さんがまとめるという図式が見えてきます。私が思うに、担当の山下さんは変化球が好きなようで、先の旧team YJもそのような印象を持っていました。

・YM7
こちらは神保町決戦参加者が4名も揃う安定型と思いきや、これまた変化球風味です。中でも不思議系キャラが2名、びびりキャラが2名、ボス1名(=河西智美さん)など揃いますが、ボスはいても、どう見てもリーダー格が不在に思えます。このメンバーの誰かがリーダーシップを取るようになれば強いと思いますが、今のところは人気やおもしろさを優先した人選に見えてきます。

ともあれ、どちらのチームも何かしらおもしろみや旨みがあるように思えます。ネクストブレイク企画というよりは、何やらライバル誌同士の抗争になりそうな感じがします。両者の担当が潰れないか、今から心配しています(^^;

--------

2011.-3.10作成・2011.-3.11追記:「メンバー構成」

とりあえず最初に、メンバー構成を書き出しておきます。(メンバーは各紙紹介順。次いで選抜総選挙の順位(第1回→第2回、−は不参加または圏外)チーム名「?」は所属先未定。チーム名の後「P」は元team PB、「Y」は元team YJ)

・YJ7(ヤンジャンセブン)
市川美織さん −→−(研)
峯岸みなみさん16→14(K)(Y)
北原里英さん 13→16(B)(Y)
横山由依さん −→−(K)
山内鈴蘭さん −→36(?)
多田愛佳さん 20→22(A)(P)
佐藤亜美菜さん08→18(B)

・YM7(ヤンマガセブン)
指原莉乃さん 27→19(A)(Y)
佐藤すみれさん−→31(B)
宮崎美穂さん 18→21(B)(P)
竹内美宥さん −→−(?)
小森美果さん −→30(B)
高城亜樹さん 23→13(A)(P)
河西智美さん 10→12(B)(Y)

音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sailors.jugem.jp/trackback/1402
この記事に対するトラックバック