怪盗列車(旧・本館)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 従量電灯Aという契約 | main | ブログの「お題」に答えてみる >>

48ファミリー:私から見た注目株

選抜総選挙も近くなってきましたので、私から見た、現在の注目株を掲載しておきます。
みたい方は「続きを読む」をクリックしてお読みください。
--------

まず、以前から書いているとおり、基本的に外野から見ていますので、熱烈なファンの方々とは評価が異なることをどうかご容赦頂きたいと思います。


●島崎遙香(しまざき・はるか)さん
AKB48の9期生でteam Aのメンバー。いわゆる「コミュ障」なのだと思いますが、握手会などでのファン対応は俗に塩対応と呼ばれます。また、振り入れは遅いと言われているものの、本番までにはしっかり踊れるように努力しているなど、そういう面で評価できます。島崎さんは、いわゆる完成品のアイドルとしてではなく、アイドル劣等生が成長していく姿を見守るというのが正しいと、私は思います。郷ひろみなどを擁するバーニンググループの子会社・ビッグアップルに所属。

●中村麻里子(なかむら・まりこ)さん
AKB48の9期生でteam A副キャプテン。一度AKBのオーディションで不合格になるも、再チャレンジして加入したほどの熱い気持ちを持ち合わせています。また、同期の中では歌唱力に長け、振り入れも早いなど、いわゆるキャプテンの女房役としてのスキルを遺憾なく発揮しています。またそのスキルは司会役でも存分に発揮され、NOTTV「AKB48のあんた、誰?」でレギュラーMCを務めるなど、安定感抜群で安心して見ていられます。容姿的には一癖ある顔ですが、逆に芸能界ではそのくらいの癖があった方が認知率が高いため、かえって良いことと思います。将来性を認められてか、老舗・新栄プロダクションの子会社であるシンエイVに所属。

●岩佐美咲(いわさ・みさき)さん
AKB48の7期生でteam K所属。歌唱力に定評があり、本人の希望もあって、当初所属していたプロダクション尾木から、演歌・歌謡曲に強く氷川きよしさん、水森かおりさんなどを擁する長良プロダクションに移籍し、48ファミリー初の演歌歌手となります。デビューシングル「無人駅」のミュージックビデオ収録時には、昼食のケータリングを自分ではなくスタッフから食べるよう気配りをする場面もありました。また今年4月29日には4枚目のシングルが発売になります。また、ラジオトークが安定しており、本人曰く、安定しすぎてつまらないと言います。しかしながら、この抜群の安定感は、箱番組といえどラジオのレギュラーには必要なもので、素晴らしいスキルと言えます。なお、演歌とは遠縁とも思えるアニメが好みのほか、オーディオにも目覚め、音の良いヘッドホンを探求しています。

●北原里英(きたはら・りえ)さん
AKB48の5期生でteam K所属。今後はNGT48の立ち上げメンバー兼同グループのキャプテンを務める予定です。研究生当時はフラッグシップの指原莉乃さんなどと共に合宿生活をしており、俗に「地方組」と称されます。その後、週刊プレイボーイvs週刊ヤングジャンプ(ともに集英社)によるteam PB vs team YJ対決(北原さんはteam YJ所属)やSKE48兼任、ユニット「Not yet」などを経て今に至ります。なお、ダンス・MC共に良く、さらに学力も高いなど、様々なことをそつなくこなす万能メンバーですが、性格はネガ方向かつ妄想方向で、声も低いなど、アイドルと言うよりはタレントさん向けの戦闘力です。それもまた彼女の魅力のひとつでもあります。AKB48卒業メンバー・前田敦子さん、大島優子さんなどを擁する大手プロダクション・太田プロダクションに所属。

●島田晴香(しまだ・はるか)さん
AKB48の9期生でteam K所属。もともとリーダー肌で、かつては立ち上げチーム(初代team 4)のキャプテン代行も務めた逸材。なお、元々がテニス部(所属部は県大会3位の実力。有明コロシアムで開催されたテニス全日本選手権の始球式で強烈なフォアショットを放つほど)だったこともあり、体育会系かつ体格も大柄で、秋元康プロデューサーからは「もっと食え」と、太って良いようなことを言われて傷ついたエピソードも。かつての初代team Kメンバーが多く在籍するフレイブエンタテインメントに所属。

●岡田奈々(おかだ・なな)さん
AKB48の14期生でteam 4副キャプテン。超がつくほどの真面目な性格で完璧主義者で礼儀正しく、運動やダンスもそつなくこなす万能メンバーです。さらにはユニット「てんとうむchu!」のリーダー格としても活躍しています。世界レベルを目指しているそうで、それに適っているか、近づいているかをよく自己分析しているともあります。なお、意外や意外、泣き虫な面や、料理が苦手との情報もあり、完璧を目指すのであればそちらも頑張る必要があるかもしれません。AKS所属。

●高柳明音(たかやなぎ・あかね)さん
SKE48の2期生でteam K2リーダー。というか、K2の権化。かつての選抜総選挙で、新公演どころか公演すらできずにいたteam K2のフラストレーションを「秋元先生!私たちに公演をやらせてください!」(要旨)との言葉で一撃でしとめ、その後間もなく1曲目が送られてきたとのエピソードもあります。もともと体育会系(陸上部)のために、熱い部分を胸に秘めていたのかもしれません。なお、キヤノン製のカメラを2台所有(デジタル一眼とミラーレス機)し、時と場合によって使い分けているほか、機材で撮影した写真をブログやgoogle+にアップすることも。48ファミリーの中でも珍しい、エイベックスエンタテインメント所属。

●松村香織(まつむら・かおり)さん
SKE48の3期生で研究生の権化ともいえる「終身名誉研究生」「48グループ研究生会会長」の称号を持ちます(なお、team K2への昇格が内定しています)。彼女はアイドルとしても48ファミリーとしても規格外の活躍が目立ち、特にgoogle+のアカウントを使用したブロードキャスト動画「BBQ松村香織の今夜も1コメダ」は大きな話題になり、現在でも続いているほか、時折プレス席でカメラを回す彼女の姿を見ることも出来ます。また、自身のブログ等での発言により炎上することも。しかしそれ以上にファン対応が良く、結果として東日本大震災の被災地のひとつ、山田町の宣伝を買って出るどころかオフを利用して自力で行くなど熱い面も。AKS所属。

●田中菜津美(たなか・なつみ)さん
HKT48立ち上げメンバーでteam H / SKE48 team S所属。通称「博多のボス」。HKT48のバラエティ番組で後方いちばん向こう側という位置にされ「絵的に持たないのでは」と悩んでいましたが、実はその位置こそ第2のMC席とも言われる特等席。さらにはスタッフより必要とされていることを告げられうれし泣きする場面も。私が思うに、実年齢よりも大人に見え、しかもスレンダーで美しい容姿なのですが、本人はそう思っていない様子です。なお、こつこつと筋肉トレーニングやダンスレッスン(自主練習等)をこなし、それを表に出さない、言わば陰の努力家でもあります。将来、ひょっとすると、ゴールデンタイムのMCとかやっているかもしれません。AKS所属。


音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック