怪盗列車(旧・本館)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ペパボライブ24時〜春のダダ漏れ祭り〜 | main | 従量電灯Aという契約 >>

ペパボライブ24時〜春のダダ漏れ祭り〜 の感想

このブログシステム「JUGEM」の運営会社であるGMOペパボさんが、毎年恒例となる4月1日企画を決行されました。かつて行われたものは「ブログの分析」「指名手配」「ブログからの手紙」「ブログ健康診断」のような、ブログシステムに割り込む仕込み系から、いわゆる特設サイトまで様々なものがありますが、今回は表向きほとんど告知なしという状況での、社長室からのライブ配信というぐだぐだ企画でした。

この企画自体は深夜12時から始まったようですが、私が気付いたのは朝7時台、固定カメラ系ぐだぐだ番組はtvk「saku saku」で慣れているものの、いかんせん芸能人でも何でもないペパボの社員さんが寄ってたかり、しかも進行表というホワイトボードには開始時刻と「10:00 入社式」の文字だけ、さらには、画面上のテロップには「手探りの4人に応援FAX募集中」なるものが。さらには社長の朝ごはんを買ってくるとかで、東京・築地に移動班が出て買い出しがてらお店で食べる模様が中継されたり、夜には新入社員を招き入れたり、最後の方ではskypeで視聴者と繋がる模様が中継されたりと、かなり適当な進行で、しまいには2時間巻いて22:00頃に終了してしまうなど、もう何でもありの状況でした。
また、視聴者数は朝の時点で約30名前後しかも終始100名を割るような状況でしたが、これは告知をしていなかったためですので、ステルスの割には頑張りました。

昨年度は積極的な投資で収支とんとんという、財政的に厳しい状況だったと聞きますが、創意工夫で何としても企画をやるんだという気持ちがあったこと、そしてそれを実行してしまう熱意に感服しています。来年もまた何かしらの企画で楽しませてくれればと期待が膨らむばかりです。

なお、ことの顛末はtwitterで「#ペパボライブ」を検索すると出てきます。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック