怪盗列車(旧・本館)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ZLOGのコンテストログをJARL形式に変換する(4) | main | 高速道路の大回り利用 >>

JARDサイトにスプリアス確認保証の案内が掲載

JARDのサイト(https://www.jard.or.jp/)に、旧技適機・JARL保証機のスプリアス確認保証について案内が掲載されました。いずれもPDFでの掲載で、確認機種の一覧は1枚目のPDFにURL埋め込みされているので、それをクリックすると出てきます。

当局にも古いリグがいくつもありますので、確認を進めていろいろ対策を講じようと思っています。
--------

※おことわりしておきますが、この当局所有リグのリストには、まだ保証等をしていないものも含まれます(当然、電波は出していません)。また、リニア等の付加装置は含まれていませんのでご了承ください。

(確認保証の必要なもの)
IC-W2
IC-390
C311
C411(2台)
IC-505
IC-703
IC-3N(2台)
IC-03N

(確認保証できないもの)
IC-290

(新スプリアスの技適機)
FT-817
ID-31
DJ-C7

(自作機で取り扱いがよくわからないもの)
FCZ-067
50AMTX(おとなの工作読本に掲載)
CQTX-7
21CWTX(別冊CQに掲載)

個人的にIC-290/390/505は覚悟をしていましたが、やはりIC-290は無理だったようです。
なにかしら対策を考えるか、代替リグを探すかを検討したいと思います。
アマチュア無線 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sailors.jugem.jp/trackback/1823
この記事に対するトラックバック