怪盗列車(旧・本館)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< AKB48の魅力 | main | 鉄道模型特殊信号発光機 >>

12F675パワーパック設計変更

PIC12F675使用PWMパワーパック回路図2
以前アップした12F675パワーパックの回路図では、進行−45−停止のポジションが操作側からわからず、ちゃんと動いているかは鉄道模型の動作に頼るしかありませんでした。そこでパワーパックの回路を見直し、手元スイッチの状態でわかるようにしました。

今度の回路では、スイッチが左に入ると進行、中点で45(半分の速度)、右で停止となります。また入力回路が1つ減ったので、ここに非常スイッチを入れるかもしれません(一応、回路図に表記してあります)。LED点灯に変更する場合はピンが変更になります。これは、このピンが入力専用であるためです。

逆に、入出力が5ピンで済むということは、8ピンAVRでも作ることが出来るという意味でもあります。いずれにせよ少ピンマイコンでは、やはり工夫というものが必要なようです。
電子工作 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック