怪盗列車(旧・本館)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< このサイトについて | main | Diary〜冬・早春 / 女の子プロジェクト >>

プログラム済みのPICが欲しい方へ

当サイトの作例に使うPICマイコンは、作例1つにつき、お一人様1個のみお焼きします(他サイトの作例を私が作った場合は、先方のOKが取れれば焼けるかもしれませんのでお問い合わせください)。

(ご注意)
以下の事項をご理解の上、ご了承ください。
・作業ができない場合はお断りすることがあります。
・万一、書き込みミス、郵便事故、破損等があった場合はご容赦ください。
・作業にはお時間を頂く場合があります。
・予告なく終了する場合があります。

(手順)
1:メールにて焼けるかどうか確認してください。メールアドレスはプロフィール欄に書いてあります。作業可能であれば、折り返し送り先をお知らせいたします。

2:封筒に「焼いて欲しいものを書いたメモ」、「新品のPICマイコン」、「私の喜びそうなもの1個(または1組、1セット等)」、「120円切手を貼り宛名を書いた返信用封筒」の、合計4点を同封して、定形外郵便や特定記録郵便、レターパック350、クロネコメール便等、受け取りにハンコがいらない手段で送ってください。その際に、PICマイコンは破損防止のために導電スポンジ等に必ず挿してください。こちらへ到着する時点で破損していた場合は、書き込まずにそのまま返送いたします。

3:折り返し、プログラム済みのPICマイコンと、送って頂いた封筒を返信用封筒に同封してお送りします。送って頂いた封筒を返送するのは、個人情報保護のためですのでご理解ください。

※私の喜びそうなもの1個ですが、手間賃としてお預かりし、場合によってはブログに紹介させて頂くこともあります。また、私がどうしても使えないものの場合はネットオークション等に出品してしまったり、没にしてしまうこともありますのでご了承ください。ただし、物ではなくどうしても現金という方は、無記名の定額小為替にしてください。

(2009.-5.21更新)
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sailors.jugem.jp/trackback/447
この記事に対するトラックバック